家族挙式で二人の幸せを祝おう!気になる費用や内容まるわかり!

二人の幸せを祝う結婚式。ゲストや式の内容など考えることはたくさん、そして何より費用がかかる!最近では、みんなを招待した結婚式ではなく家族だけを呼んでシンプルに挙式をする夫婦が増えています。最高の家族挙式をするための情報をまとめました。

家族挙式とは

家族挙式とは、名前のとおり両家の家族だけを招待して行う挙式のことです。 

低予算で友人や会社関係の人を呼ばずにアットホームな形で結婚式を挙げることができ、通常半年~1年かけて計画しなければいけないのですが、短期間で計画できます。通常の結婚式や披露宴では新郎新婦はバタバタしてゆっくりお話できませんが、家族だけなのでたくさんお話もできますし両家と絆を深めることができるのでとても魅力的なのです。 

また、予算がなく諦めていたカップルも両家にドレス姿を見せることができるので今、とっても人気なのです。

家族だけで挙式をあげたいカップルにおすすめの情報です

家族挙式は低予算で家族のみの結婚式。友人や会社関係を招待したり司会や挨拶など悩むこともありません。両親にドレス姿を見せてあげたい!結婚式だけはしたい!そんなカップルにとてもおすすめ。 

今回はそんな家族挙式の予算やプラン、そしてどんな内容にすればよいのかなど気になる疑問を徹底的にリサーチ。家族挙式を挙げた先輩たちの口コミや情報を元に家族挙式の情報を集めてみました。

日取り選びは重要

家族挙式をしようと決めたなら、一番初めに考えなければいけないのが挙式をする日取り。たくさんの人を呼ぶ結婚式なら週末など出席しやすい日を選びますが、家族だけなので、両家の集まりやすい日にしておくことが重要です。また、お祝いごとですから六輝を確認しお日柄の良い日にしておくのがポイント。とくに大安にするなら既に予約が埋まっていることもあるので、早めに確認しなければいけません。

費用はどのくらい?

家族挙式で気になることと言えばお金のことでしょうか。あらかじめ予算を知ってから計画しないと不安ですよね。一般の結婚式、披露宴で40人ほど呼ぶと300万円前後と言われていますが、家族挙式なら10万円前後です。また、家族とはいえ時間を取って足を運んでくれているので、挙式のあとに会食する方がほとんどです。会食は食事やドリンクを考えて1人15,000円くらいプラスになると考えておくと良いでしょう。 

家族挙式のプランの中にはドレスや司会、着付けやヘアメイク、写真撮りなどが含まれていたりしますので、式場を決めた時によくチェックしておきましょう。また食事はホテルや式場でもOKですし、パーティーOKのレストランなどあるので予算や家族の意見も参考にして選びましょう。

家族挙式の席順にルールはあるのか

家族のみといえ、会食での席で座る位置があります。高砂席には新郎新婦が必ず座り、両親、兄弟の順で座りましょう。ですが祖父母が居たり、赤ちゃんなどがいる場合にはアレンジすることもOK!ホテルなどでの食事の場合はウエディングプランナーさんがいますので相談して決めると良いでしょう。

憧れのハワイでの費用は?

誰もが憧れる海外挙式。海の見えるチャペルで永遠の愛を誓うなんて素敵過ぎます!一生に一度の結婚式!ハワイでの挙式どのくらいかかるのか気になるところですね。ですが一概には言えないのが海外。

何泊するのか何人で行くのか、交通費は両家の分まで出すのかなどによって変わってきます。2名だけなら挙式の基本プランで35万円前後。挙式と会食(8名)で55万円前後です。海外挙式のポイントは何泊するか?旅費は何人分出すか?です。旅行会社のプランで申し込めば安く行けますし計画も簡単です。また早めに予約すると割引もあったりしますのでハワイで挙式をするなら早めに計画を立てることがおすすめです。

人気の沖縄での費用は?

キレイな海を眺めながら国内で素敵な家族挙式と言えば沖縄です。沖縄で挙式ですと20万円~ですが宿泊費、交通費、人数分の食事は入っていません。すべて入れると50万円~100万円くらいになるでしょう。人気の沖縄はキレイなチャペルがたくさんありますし、予約はやはり早めがおすすめです。

家族挙式をするカップルが多い竹芝

東京都内でも海が見れて素敵な挙式が挙げれる竹芝は人気エリアです。都内とは思えない程光と緑と海がありとっても素敵。家族挙式なら10万円~(人数分の食事や旅費は別途)なのでお金をかけたくないカップルも大満足間違いなしです。ホテルが多いので会食も宿泊もまとめて決めることができるのも魅力的ですね。

家族挙式でしかできないメリット5つ

大人数を招待する結婚式と違い少人数の結婚式は寂しくないのか不安に思う人もいるでしょう。アットホームで低予算でできる家族挙式はむしろ人気!自分たちらしく温かい素敵な結婚式をあげたいと考える二人におすすめの家族挙式のメリットをまとめてみました。

1:感謝の気持ちが伝えやすい

一般の結婚式はたくさんの親族や友人、会社関係の人を招くのであまりゆっくり話す機会はありません。ですが家族のみで行う家族挙式ですから、普段集まっても言えない感謝の気持ちが伝えやすく、両家の絆も深まりやすいのです。気を使うことなく会話ができるのは一番の魅力ではないでしょうか。

2:食事のアレンジができる

少人数の家族挙式ですから食事の配慮もできます。 

好みの物をリクエストできますので、アレルギーや祖父母などの高齢者が食べやすい料理などに変更できますし、新郎新婦が県外出身ならお互いの県の郷土料理を出しても面白いですし会話もはずみます。とにかく食事の配慮が細かくできるのは家族挙式ならではです。大人数での食事ではなく、結婚式と言う一生に一度の思い出になりますのでいろいろアイデアを出したり、両家と相談するのも良いでしょう。

3:ひとりひとりにメッセージ

少人数の挙式ですから、ひとりひとりに感謝の気持ちを伝えることができます。両家揃ってゆっくりと過ごせるのですから伝えたいこともたくさんありますよね♪また席札にメッセージを添えておくのも感動的な演出。家族だから、座る席の配慮もできますね。

4:引き出物が選びやすい

結婚式の準備で時間がかかる引き出物。相手の好みや既婚独身などで悩んでしまいますね。でも家族挙式なら引き出物は家族にあげるだけ。相手の好みに合わせてひとりひとり違うものにすることもできます。また、引き出物はひと家族に一つが一般ですが、ひとりひとりに用意するのも人気です。自分のために選んでくれたとなるとやっぱり嬉しいですよね。

5:スケジュール調整がしやすい

大人数を招待する結婚式では週末でみんなが参加しやすい日にちを選ばなければいけません。家族挙式なら両家の家族のみなのでスケジュール調整がしやすいです。平日でも可能であれば式場によっては割引があり安く挙式をすることもできます。とにかく日取りや時間を決めやすいのは魅力です。

素敵な演出がしたい!

いつも見ている家族でもなかなか両家揃うことはないし、ゆっくり家族の時間を過ごすこともないでしょう。両家から離れて暮らすのならなおさら大切な時間を思いっきり有効に使いたいものです。 

せっかくの家族挙式にピッタリの演出を集めてみたので参考にしてくださいね。

ウエディングムービーで二人の事を知ってもらおう

最も人気なのが二人の生い立ちや出会いなどを見てもらう演出。両家に新郎新婦のことを知ってもらえるし話が盛り上がります♪ムービーはオープニング、エンディングなど流したい時に合わせて作成できますし、音楽を入れて演出すれば本当に感動しますよ。

初めてで不安!相談できる場所はある?

二人で決める挙式と言いましても初めての事だらけでどうしたらよいか分からないこともありますよね。そこでウエディング専用の相談出来る場所があります。式場選びや両家の希望にあった場所など譲れない条件を二人で話し合い、早速相談してみましょう。 

もちろん無料ですし、ウエディングのイベントも案内してくれるので、式場選びやドレス選びなどとっても参考になりますよ。

【ちゅら海水族館の料金と魅力】おトクに有意義に行くための方法は?

沖縄を旅行するならどこがオススメかと尋ねたら、ほとんどの人が「ちゅら海(美ら海)水族館」と答えるでしょう。そこまで言わせる「ちゅら海水族館」ってどんなところ?今回は水族館の魅力と料金、お得に行く方法などについて調べてみました。

ちゅら海水族館とは

ちゅら海水族館は、沖縄本島北部に位置する海洋博公園の中にある、世界最大級を誇る水族館です。海洋博公園は、昭和50年に沖縄の日本復帰を記念して開催された沖縄国際海洋博覧会の終了後、跡地を整備して一般公開している国営公園です。水族館の他に植物園やプラネタリウムなど様々な施設があります。

ちゅら海水族館は海洋博公園の一番人気の施設であるのみならず、沖縄旅行の最大の観光スポットとして常に多くの人で賑わっています。水族館には世界最大の大きさのジンベエザメが飼育されており、また、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタの姿も観察することができます。その他、800群体ものサンゴや美しい熱帯魚、珍しい深海の生物に会える、何度訪れても興味の尽きない素晴らしい水族館です。

お得に有意義に楽しみたい人のための情報です

水族館自体の入館料は規模や見どころの多さを考えるとけっして高くありません。ただ、沖縄にお住まいの方は別として、本土から沖縄に行く場合、旅費は下手をすると海外旅行より高くつきます。また、水族館は那覇から車で2時間程度と遠く、じっくり見ようと思ったら1日がかりです。

移動手段を事前に検討しておかないと、計画が台無しになってしまいます。また、せっかく行くなら、なるべくお得に見どころを見逃さないようにしたいですね。そこで今回は水族館に行くのがメインの方に、お得な入館チケットの入手法や行き方、有意義に水族館を楽しむための情報などをお届けします。

営業時間と入館料

営業時間

営業時間は以下のようになっています。

・通常期(10月~2月)8:30~18:30(入館締切は17:30まで)
・夏期(3月~9月)8:30~20:00(入館締切は19:00まで)
・休園日(毎年12月第1水曜と木曜。この日は海洋博公園内のすべての施設の設備点検をするため、公園内に入れません)

※台風などの影響により、臨時休業となる場合があります。

入館料

入館料は入館する時間帯によって違います。年間パスポートや無料入館日もあります。詳細は以下のとおりです。

■通常料金(8:30~16:00)
・大人:1,850円
・高校生:1,230円
・小・中学生:610円
・6歳未満:無料

■4時からチケット(16:00~入館締切)
・大人:1,290円
・高校生:860円
・小・中学生:430円
・6歳未満:無料

■年間パスポート
・大人:3,700円
・高校生:2,460円
・小・中学生:1,220円

■無料入館日
ちゅら海水族館には、小・中学生のみ無料入館できる日があります。ちなみに2016年は5月4日と5日が無料入館日でした。

■注意事項
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の交付を受けている方は無料で入館できます。また、付き添い入館者も1名まで無料となります。
※再入館は当日に限り有効です。ご希望の際は、出入口で係員に再入館スタンプを手に押してもらって入館します。
※旅行クーポン券や園外販売券などを持っていて16:00以降に入館する場合は、券売所で「4時からチケット」と交換し、差額を返金してもらえます。ただし、一部旅行クーポンは返金対象でないものもあります。
※クレジットカードや電子マネーが使えます。場所(券売所・レストラン・カフェ・ショップ)により使える種類が違います。詳細は以下リンク先をご覧ください。

割引・前売り・クーポン料金について

入館料をお得にゲットするには、水族館自体の割引を利用したり、前売りチケットを購入したり、他の観光施設とセットになったお得クーポンを利用したり、ツアーを利用したりと様々な方法があります。以下に列記しましたので、状況に合わせてセレクトしてみてください。

<4時からチケット>を利用する

「4時からチケット」は、チケット単体の割引の中では3割引と最大の割引率です。4時に入館しても閉館まで通常期(10月~2月)は2時間半、夏期(3月~9月)なら4時間もあります。夏なら十分水族館を堪能できるのではないでしょうか?

<年間パスポート>を利用する

「年間パスポート」は、2回分の入場料で年に何度でも入場できます。パスポートを購入すると、海洋博公園内のショップやレストランやカフェが5%割引になりますし、園内遊覧車も無料です。(同伴者1名まで)更新すれば、さらにお得な特典が増えます。2回でもサービスを受ければお得ですし、3回以上行くなら断然お得です。ただし、3回以上行ける方は限られていますね。

・大人:3,700円
・高校生:2,460円
・小・中学生:1,220円

コンビニ割引(ローソン沖縄)

ローソン沖縄の店頭レジで割引チケットを販売しています。割引率は1割ですが、家族券というものがあり、これはお得です。料金は以下のとおりです。

・大人:1,660円(190円お得)
・高校生:1,110円(120円お得)
・小・中学生:550円(60円お得)
・家族券(大人2名+小・中学生2名):3,950円(970円お得)

小、中学生が2人いる4人家族なら、家族券は「買い」ですね!
コンビニ割引(ファミマ)

ファミリーマートの場合、大人料金はローソンより安いです。

・大人:1,620円(230円お得)
・高校生:1,110円(120円お得)
・小・中学生:550円(60円お得)

<道の駅>許田やんばる物産センター

水族館に近い、許田ICを降りてすぐのところにある「道の駅・許田やんばる物産センター」で割引チケットを売っています。コンビニより大人料金は安いです。家族券もあります。ただし、営業時間が8:30からなので、朝いちで水族館に行きたい人は前日までに手に入れる必要があります。

・大人:1,600円(250円お得)
・高校生:1,110円(120円お得)
・小・中学生:550円(60円お得)
・家族券(大人2名+小・中学生2名):3,950円(970円お得)

<道の駅>なかゆくい市場おんなの駅

恩納村にある「道の駅・なかゆくい市場おんなの駅」で割引チケットを販売しています。「道の駅・許田やんばる物産センター」よりさらに安いです。恩納村に宿泊の場合はここで買うといいかもしれません。ただし、営業時間が10:00~19:00なので、朝いちで見学したいなら、こちらも前日購入が必要です。

・大人:1,590円(260円お得)
・高校生:1,080円(150円お得)
・小・中学生:540円(70円お得)
・家族券(大人2名+小・中学生2名):3,950円(970円お得)

<那覇空港>旅行会社総合案内カウンター

那覇空港到着ロビー1階中央の旅行会社総合案内カウンターで割引チケットを販売しています。料金は1割引ですが、沖縄の各種観光スポットで使える「美ら島めぐりクーポン」というお得クーポンも貰えます。これは何も買わなくても貰えるそうですので、ぜひゲットしておきましょう。ウェブサイトからプリントアウトすることもできます。

・大人:1,660円(190円お得)
・高校生:1,110円(120円お得)
・小・中学生:550円(60円お得)

るるぶトラベル

「るるぶトラベル」から旅行を申し込んだ方限定で、水族館の1割引チケット引換券とオリジナルトートバックが貰えます。(先着限定800個)事前に申込み、JTB沖縄那覇空港営業所で引き換えます。ただし、水族館の割引は大人と小・中学生のみで、高校生の割引はありません。

リウボウ旅行サービス

「リウボウ旅行サービス」では、ちゅら海水族館と他の観光スポットの入館券がセットになっているお得クーポンを販売しています。水族館以外にも色々観光したいなら、「美ら海エンジョイパス」というものが大変お得です。ただし、手に入れるには那覇市内にあるリウボウ旅行サービス・レグザリウボウ店(ホテルロコアナハ1F)へ来店する必要があります。

入館券付きレンタカーを利用する

レンタカー会社でも水族館の割引チケットを販売しているところはありますが、「Jネットレンタカー」では、大人1名分の入館券付きプランがあります。本当に安くなるかどうかはレンタカー自体の料金も考慮する必要がありますが、借りる予定がおありでしたら、検討する価値はあると思います。なお、追加で1割引の入館券やお得な家族券も購入できます。料金は以下のとおりです。

・大人:1,660円(190円お得)
・高校生:1,110円(120円お得)
・小・中学生:550円(60円お得)
・家族券(大人2名+小・中学生2名):3,950円(970円お得)

周辺ホテルを利用する

ちゅら海水族館付近の宿泊施設には、水族館まで歩いて行けるホテルが結構あります。割引チケットを販売しているところもありますし、入館券付き宿泊プランがあるホテルもあります。入館券付き宿泊プランは大抵お得な料金設定になっていますので、水族館目当てなら周辺ホテルに宿泊されると有意義に過ごせるのではないでしょうか?
沖縄ダイビングライセンス取得

卒業旅行の行き先は沖縄で決まり!?おすすめポイントをご紹介

卒業旅行の行先はもう決まっていますか?まだという人に、ぜひオススメしたいのが沖縄です。海外には行きたいけど費用が…とう人にもぴったりです。国内に居ながら、南国気分が味わえます。海外に行った気になって近くの沖縄でリッチに過ごすのもアリかも!

卒業旅行に沖縄をおすすめしたい理由とは?

卒業旅行と言えば、学生時代の友人と過ごす最後の思い出作りの場です。きっといろんな計画をたてている事だと思います。

卒業旅行ということで、いつもとは違う旅先を考えている人も多いでしょう。まだ行った事の無い場所が多いでしょうか?最高の思い出に海外を選ぶグループもいると思います。

そこでオススメしたいのが、「沖縄」です。せっかくなら海外に行きたいと考えている人も、ここで一度国内にいながら異国のような気分が味わえる沖縄を今一度見直してみてほしいと思います。

なぜ、オススメなのか紹介します。

時期が、ちょうど良い!

卒業旅行に行く時期として多いのが、3月です。旅行会社でもこの月にたくさんのプランが用意されています。大学生にとっては、春休みに入る時期です。卒業式や、就職の準備で忙しい時期ではありますが、自由になる時間でもあるので、この時期に行く人が多いようです。

そんな3月は沖縄旅行にぴったりなのです。では、3月の沖縄はどんな様子なのでしょうか?

●海開きが始まる

●晴れた日は暑さを感じる程の気温になり過ごしやすい

●イベントがたくさんある

冬が終わり夏へ向けて日差しが強くなってくる沖縄では、3月に海開きになります。長い夏の始まりですね。

海開きしたとはいっても水温はまだ20度前後なので少し肌寒いです。しかし、ウエットスーツをレンタルすれば早い時期に海に入って泳ぐ事も可能です。沖縄はマリンスポーツも充実しているので、一足早く海を満喫するのもオススメです。

そして、へいきん気温は19度とそんなに高くはないのですが、日差しは夏に向けて準備が始まっているようです。3月後半ならTシャツで過ごすことも出来そうです。

過ごしやすい季節なので厚着する必要もないので荷物も少なく済みそうなのも、いい点ではないでしょうか?

海外へ行かなくても近くで、過ごしやすい気候で南国を味わえますよ。シュノーケルや、スキューバダイビングで海の中を見れば、海外に負けず劣らず素晴らしい世界が広がっていますよ。

イベントもあり!

3月の沖縄のイベントといえば、

●島ぜんぶでおーきな祭(沖縄国際映画祭)
世界各国の日本劇場未公開作品を上映するイベントです。3月下旬の3日間開催されます。

●沖縄国際アジア音楽祭
あらゆるジャンルのアーティストが集まり盛り上げる3日間のイベントです。

●各ビーチで海開きイベントが開催される

普段の生活とは違った雰囲気がたくさん味わえるイベントばかりです。旅行の日程があえば、イベントに参加して沖縄の人達と触れ合う機会を作るのもいいかもしれません。

もう1つオススメする理由は、言うまでもない事ですが沖縄という土地そのものです。海がきれいな事はもちろんですが、同じ日本なのに異国雰囲気があふれ、独特の沖縄の色があります。きっと癒されるポイントにたくさん出会えると思います。

お得なツアーが充実!

海外となると、とにかく遠いです。飛行機代がかかるのが学生を悩ませるところではないでしょうか?沖縄なら国内ですし、もちろんお得なツアーがたくさん用意されています。

格旅行会社で、卒業旅行特集を組み競い合っています。飛行機、宿泊、食事、観光の全てが1つのパックになっているツアーを選べば、自分で個別に予約するより断然お得です。

各社の特徴を簡単にご紹介しておきます。

■JTB
言わずと知れた業界№1の旅行会社です。手配旅行から企画旅行までとにかく種類が多いのが特徴です。ツアーの値段としては安いものから高額なものまで様々。安心、信頼の面では1番かもしれません。

■阪急交通社
海外・国内パッケージツアーなど充実しています。ただ新聞広告でよく見かける安いツアーは、安いなりの理由が必ずある事を覚えておかなくてはいけません。

■日本旅行
商品充実がポイントです。パッケージツアーがオンラインで予約出来ます。学生を対象に激安ツアーを多く取り扱っているので人気です。

■JALパック
JALパックはその名の通り日本航空グループの旅行会社。JALのグループ企業を生かした格安航空機セットのプランが売りです。

自分の目的に合ったツアーや、旅設定が出来るところを見つけましょう。金額重視なのか、内容重視なのか、じっくりグループで考えてから決めるのが間違いないですね。

平均予算は?

卒業旅行の費用として、国内旅行については約6万円だそうです。やはり、学生という事もあり、海外にしても国内にしても予算は出来るだけ抑えるという人も多いです。

また、沖縄は卒業旅行先の国内でのトップ3に常に入っています。国内でいつもより奮発して旅行する先として沖縄は選べれているようですね。

沖縄のおすすめスポットは?

沖縄の土地全てがオススメではありますが、その中でも特に厳選して卒業旅行にオススメなスポットをご紹介します。沖縄と言えば海だけとうイメージが強いかもしれませんが、深く知って見るとたくさん素敵な場所があります。

その1:国際色豊かなアメリカンビレッジ
沖縄らしく、ここには海外の人も多く見かけます。お店もアメリカンテイスト溢れるお店ばかりで若者に大人気のおしゃれなスポットです。海のすぐそばなのでビーチをゆっくり歩くのもおしゃれです。

その2:国際通り
ここはかかせないですね。お土産も食事も何でもそろいます。「第一牧志公設市場」では島の名産がその場で味わえます。

その3:壺屋やちむん通り
国際通りから歩いてすぐの所にあります。沖縄の伝統工芸品である壺屋焼の窯元やショップが立ち並んでいます。また通りはとても味があり歩くだけで雰囲気に飲み込まれるかもしれません。

その4:離島
沖縄にはたくさんの離島があります。離島は沖縄本島とは、また別の時間が流れているような感覚です。沖縄時間と呼ばれるもので、ゆったりと穏やかに時間が流れているように感じます。友達とわいわい過ごすのもいいですが、ゆっくり海を見ながら癒される旅もオススメです。

沖縄旅行ならこのプラン!

沖縄を満喫するには、まずプランを決めましょう。一緒に卒業旅行に行く友達と、何を目的に行くのか?何がしたいのか?行ってから考えるなんて、時間がもったいないですよ!

本島で観光?マリンスポーツ?離島へ行ってのんびりしたい?いろんな事が考えられます。普段なかなか出来ない事に挑戦するのもいいですね。今回特におすすめなプランをご紹介します。

離島で南国気分満点!

沖縄の離島には道徳の魅力があります。行った人なら分かると思いますが、また行きたいと思わせるような雰囲気だったり、景色だったり、人もとても親切です。卒業旅行先に、ぜひ離島も検討してほしいと思います。

■石垣島でマリンスポーツ満喫!
石垣島は最近ではリゾートホテルもあり、観光スポットとしてとても人気があります。そんな石垣島で最新のマリンスポーツをみんなで体験してみてはいかがでしょうか?海も綺麗なので気持ちがいいと思います。

■久高島
本島の南部にある小さな有人島です。「神の島」と言われる由緒正しい島です。本島からすぐに行けるのでプランの中に入れてみてもいいと思います。パワースポットが大好きな女子にオススメです。行く前に必ず島の情報を調べて下さい。神の島と言われるだけあって、守るべきマナーがありますので注意を。

■宮古島でカヤックツアー
海外に行かなくても、アドベンチャー体験が出来ます。「竜宮城」と呼ばれるパワースポットがあったり、自然と触れ合いながら癒されます。

他にも様々な離島でのプランがあります。離島になると本島よりも海がとにかく綺麗です。海外に行く必要がないというのもきっと頷ける事だと思います。